初心者のためのテラミスティカ

1、種族の選び方
どうしてもやりたい種族があるならそれでいいと思いますが、そうでない場合どう選ぶか書いていきたいと思います。
A、トレンドによる選択  4ラウンド目にスコップ2点ならハーフリング、ダークリングがいいと思います。1ラウンド目に砦、聖域なら、砦族(スゥオームリング、アルケミスト、ジャイアント、ノマドあたり)を選んで砦を建てる。そうでないなら神殿を建てる種族を選べばいいと思います。都市化が後半にある場合、マーメイド、ウイッチを選んでいいと思います。
B、後手番の時の選択   先のプレイヤーの隣接色は取らないのが無難だと思います。
C、収入タイルによる選択  4金1教団、6金が共にない時はアルケミストもありです。ジャイアントはスコップがない時に選択するのがいいと思います。
ざっと書いてみたのですが、いっぺんに書いても分からなくなるのでこの項はこれくらいにします。
2、初期配置
テラミスティカで最も重要な部分です。初期配置なんですが、理想は他人と隣接がある事。かつそこから4ヘックスを少ないスコップで確保できそうな場所です。2つ目を置く時にはどうやって1つ目の住居と繋げるか考えてるかも大事です。写真の例では茶色と灰色の関係がベスト。(後に緑や黒がなければね)他人との絡みも考えて住居を置いてくださいね。
3、収入タイルについて
1ラウンド目の収入タイルは大事です。1部例外はありますが、収入タイル無しだと6キューブ15金です。砦を建てるとキューブがなくなります。なので、ノマドやジャイアントで砦能力を使って住居を建てたい場合、3パワー1キューブか、砦聖域4点2キューブがオススメ。最終手番はあればスコップ2金でいいです(ジャイアント、拡張の1部種族除く)。神殿種族は6金、4金1教団でいいかな。
3パワー1船はマーメイドなどの種族か、他に取るものがない時に取りましょう。司祭は1ラウンド目(特にスコップ)ともう1つ同じ色に重なっている時に取るとおいしいです。他のパス点3つは1ラウンド目はいらないです。(例外、ドラゴンロード)後半はパス点を積極的に狙いましょう。
4、1ラウンド目に何をするか?
土地争いでどうしても欲しい土地があるなら別ですが、神殿、または砦を建てて、パワーがある程度溜まるのを待ってパワーアクションを使っていきましょう。はじめはキューブの収入欲しいので住居を広げたり、資材を集めるのも手ですね。後は司祭を取って派遣するのも重要です。(場合によっては、はじめに焼いて取るのもありです)。早めにパスをして次に備えるのもいいでしょう。
5、恩恵タイルの取り方
1ラウンド目に神殿を建てる場合、慣れるまでは収入系3種類のいずれか(1キューブ1パワー、3金、4パワー)を取ればいいと思います。(上級者は住居2点を取る傾向にありますが)出来れば教団ボーナスに噛み合うように取れればベスト。ただ、後半金がなくなる傾向にあるので3金は教団は1段階しか上がりませんが強いですね。ラウンドが経つと住居2点、交易所3点などを残っていれば取りにいきましょう。3都市作りたい場合は都市化6を取るのもありです。教団を狙うなら3段階上昇するタイル、あるいは毎ラウンド1段階教団が上昇するタイルでもいいでしょう。
6、教団トラックについて
教団トラックに司祭を派遣する時に注意するのが3のマスは各1つしかない事です。早いもの勝ちです。
1ラウンド目は司祭を収入タイルで取った人に権利があります。図の場合、風か2回ボーナスのある水に派遣するのがいいです。ただし、何らかの手段で1段階上昇させる必要ありますけどね。空いているなら後のラウンドの分でもいいので3の所に派遣したいですね。3の所がなくなった場合、以下の例外を除き慌てて派遣する必要ありません。1つ目は残り1つになったとき、あるいは後半ラウンドで競りあっている時。2つ目はボーナスが絡む時。3つ目はパワーを得てそのパワーでしたい事がある時。
司祭以外にも恩恵タイルや町タイルでも教団トラックを上げる事が出来ます。町タイルの方は8点1教団がお勧めです。2点2教団も強いですが点が少ないのが残念です。