店長オススメのゲーム(適宜更新予定)

今回はドミニオンを紹介したいと思います。今更かもと思われるかもしれませんが、専門サークルが存在するくらい人気があり、2009年ドイツ年間ゲーム大賞も受賞してます。しかもルールはシンプルで1枚アクションカードをプレイした後カードを1枚購入するだけのゲームです。何が面白いのかというとカードの組み合わせが無数にあり、カード同士でコンボが組める事です。拡張が8種類出ており組み合わせると訳分からなくなります。

はじめは銅貨7枚と屋敷3枚でスタートします。ゲームの終了条件は属州がなくなるか、3つ目のサプライがなくなる事です。得点の多い人の勝ちです。勝利点カードを集めるのが目的なのですが、ゲーム中は使えないカードなので序盤はアクションカードや銀貨、買えれば金貨を買う流れになると思います。
図の中では村を使ってアクションを増やしてから鍛冶屋でカードを引くなんてコンボもできます。こうやってコンボを組むのが楽しいゲームです。簡単なコンボの例を拡張を混ぜて紹介したいと思います。
上の2枚は単に工房で庭園を取るだけ。役人やその他購入枚数を増やすカードでも可。下の2枚はカードを出しておいて書庫で引く枚数を増やすコンボ。祝祭4、書庫1なら7枚引けて8金確定のドリームコンボ。
上2枚は市場で購入枚数を増やしておまけで行商人を買うコンボ。周り出すと、無料で4枚行商人が買えたりする。下3つは少しややこしいがならず者で勝利点カードを2枚買って2点トークンをもらって隠し財産の効果で金貨を2枚取り望楼の効果でデッキの上に2枚金貨を乗せるコンボ。
交易人で銀貨を大量に得て封土で点を稼ぐコンボ。おまけで銀貨の枚数が増える役人をピックしてみた。